交通事故にあってしまった場合、慰謝料の請求をすることも視野に入れますが、思っているよりも提示される金額が低いことがほとんどです。ここには明確な理由があるからこそ、弁護士を活用していかなければいけません。

保険会社慰謝料の金額が低い理由は、算定している基準がもっとも抑えられているからです。慰謝料の算定に関しては、自賠責保険、任意保険、弁護士と裁判所の算定基準の3つがあり、順番に高額になっていきます。自賠責保険は、被害者の最低限の救済という意味があり、任意保険とは異なる存在です。そのうえで、まかなえない被害額を任意保険がまかなっていくことになりますが、できれば支払いたくない立場にあるでしょう。保険会社も慈善事業ではなく、できれば損失を抑えたいのが当然だからです。

保険会社の持っている算定基準は、できる限り抑えたところにあるのは間違いありません。最低限の保証という言い方をしてもいいでしょう。相手から提示がありますが、金額は低いのが当然なのです。ここから交渉して増額させていかなければいけませんが、時間がかかるといったことや、裁判や弁護士に依頼すると手間がかかるといわれることも出てきます。ですが、増額を考えるのであれば、弁護士に依頼してスムーズに交渉させるのが一番です。