慰謝料の算定基準というところでは、保険会社は低い金額になっていると考えていいでしょう。弁護士や裁判所の基準とは、全く異なる金額になってきます。増額を考えるのであれば、まずはこの算定基準に乗せ直させなければいけません。交渉するポイントになってきますが、任意保険会社の算定基準で済ませてはいけないといえます。

算定基準任意保険は、自社の利益を守らなければいけません。だから抑えてあるといえますが、弁護士を交渉の場に入れれば、弁護士の算定基準を持って交渉が始まっていきます。これによって、少しでも増額を考えられるようになるでしょう。保険会社は、算定基準が低いことを承知しています。交渉がなければ、これで押し切ろうと考えるのは、当然の行動といえるでしょう。そこに、正確な算定を持って弁護士が交渉していけば、必ず増額につながっていきます。

実際に保険会社の算定基準は公表されていないため、いったいどんな金額になっているのかもわかりません。最低限の保証である自賠責保険よりもわずかに高いだけということも出てきます。これでは、うけた損害を賠償してもらうとは言えないものとなってしまうのですから、弁護士を活用して交渉をするべきといえるのです。